AQUOS L2を使ってみて分かった良いところ・悪いところ!

スポンサーリンク

AQUOS L2を使ってみて分かった良いところ・悪いところをご紹介します。AQUOS L2は、扱いやすい5.0インチのスマートフォンです。CPUは、Snapdragon 430、RAM2GB搭載、最新Android 7.0にも対応しているので長く利用も可能です。UQmobileからも発売されており、2,138円/月からSIMカードとセットで利用できる点からコスパが良い格安スマートフォンになっています。AQUOS L2は、2017年6月2日から発売されています。現在UQmobileでレンタル利用も可能となっています。

結論から言うと、AQUOS L2は良くも悪くも格安スマホです。格安でスマホとSIMカードを使える点は良いです。また動作的にも、ミッドレンジモデルではありますが動作にもたつきも少ないです。個人的に一番致命的なのは、バッテリー持ちです。バッテリー持ちが良いとはいえませんでした。この辺り許容できれば満足度が高いものになります。

AQUOS L2を使ってみて分かった良いところ・悪いところ!

レスポンス

AQUOS L2は、CPUは、Snapdragon 430、RAM2GB搭載となっています。動作レスポンスは、サクサクとまではいきませんが十分一般的に使用が出来るレベルのスマートフォンとなっています。ただし、ゲーム(パズドラ、モンスト等)を中心に使いたいという方にはオススメ出来ません。メールやネットを中心に使う方であれば全く問題ありません。

カメラ

AQUOS L2は、約1,310万画素カメラを搭載しています。AQUOS L2のカメラ画質を「くっきり」や「ふんわり」など撮りたいイメージに合わせて「おすすめプラス」や、インカメラの「美肌調整」など、誰でもかんたんに綺麗な写真が撮影可能です。

バッテリー

AQUOS L2は、バッテリー2,700mAhを搭載しています。またIGZO液晶ディスプレイ搭載しており、省電力技術が詰め込まれているようです。ただし、AQUOS L2はバッテリー持ちが良くありません。バッテリー持ちに期待はしない方が良いです。AQUOS L2でメールやインターネットだけして朝から夜まで一日使って約14%でした。何もしていなくてもバッテリーが減っていく感じがあります。

デザイン

AQUOS L2のデザインは、非常にシンプルで飽きの来ないデザインになっています。フロントパネルは、物理ボタンもなくこちらもシンプルになっています。背面は、丸いデザインで持ちやすくなっています。カメラは殆ど出っ張りがありません。

最後に・・・

AQUOS L2は、総合的にコスパに優れいています。バッテリー持ちがそこまで良くないというのが気になりますが、それ以外には基本的に気になるようなことはありません。低価格で安価に使えることも考えるとAQUOS L2は、購入機種の候補になると思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

▼今すぐ記事をシェアする▼

今話題の最新スマホなら
イートレン【Etoren】 安心の日本語対応に、税金関税込みでわかりやすい値段設定、最速2-3日で届く!安心の一年保証あり!
新作!究極のモバイルファースト
WPテーマ「ストーク」 「新しいスマホビュー時代をつくろう」というのをコンセプトに、スマホでの見やすさ、操作しやすさにとことんこだわりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

モバイル・ガジェットの最新情報をいち早く発信!「通信業界全般」「SIMフリースマートフォン」「Android」「iPhone」「格安SIM」を中心に様々なテーマを取り扱っています。「レビュー」「使用感」「初期設定」「お薦めフィルム・ケース」を中心にリアルな情報をお届けしています。新製品レビューも多数記載中!