スマートフォン

【2024年版】AQUOSのおすすめ人気機種ランキングと選び方を徹底解説!

更新日:

AQUOSのおすすめ人気機種ランキングと選び方を徹底解説!

今おすすめのAQUOS(アクオス)シリーズはコレ!どうもこんにちは、とくめい(@tokumewi)です!

大手電機メーカーのシャープが製造するAQUOSシリーズは、国内で一番売れているAndroidスマートフォンです。シャープはかつて日本のメーカーでしたが、現在は台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下となります。

AQUOSシリーズの魅力は、ディスプレイの品質の高さにあります。多くのモデルで採用されるIGZOは省電力性にも優れており、大容量バッテリーと組み合わせて長時間のバッテリー持ちを実現しています。

本記事では、AQUOS(アクオス)スマホの特徴や選び方、筆者が選ぶおすすめ人気機種ランキングを性能重視・コスパ重視に分けて解説しつつ、口コミ・評判もまとめてご紹介していきます。これから購入する方はぜひチェックしてみてくださいね!

読み飛ばしたいところへジャンプ

好きなところから読み進めて、自分に合ったAQUOSシリーズを見つけていきましょう!

「AQUOSシリーズは種類がありすぎて分からない!」というユーザーは、AQUOSの選び方・ポイント解説から読み進めるのがおすすめです。

【性能重視】AQUOSのおすすめ人気機種ランキング【2024年2月】

ここからは、筆者が選ぶAQUOSのおすすめ人気機種をご紹介します。

第1位 AQUOS R8 pro | ハイエンドモデル

「AQUOS R8 pro」は、約6.6インチディスプレイ(Pro IGZO OLED)×リフレッシュレート1-240Hz(可変駆動)、高性能な「Snapdragon 8 Gen 2」採用、ライカ監修1インチセンサー搭載スマホです。

5,000mAhの大容量バッテリーやIP68防水防塵、おサイフケータイ、イヤホンジャック、ワイヤレス充電なども備えたAQUOSシリーズの最上位ハイエンドとなっています。

スペックを見る(タップで表示)

本体サイズ(縦×幅×厚さ) 約161×77×9.3mm
重量 約203g
ディスプレイ 約6.6インチ
Pro IGZO OLED
CPU(SoC) Snapdragon 8 Gen 2
メモリ(RAM) 12GB
内蔵ストレージ(ROM) 256GB
外部ストレージ microSDカード最大1TBまで
アウトカメラ シングルカメラ
約4,720万画素(超広角)
インカメラ シングルカメラ
約1260万画素
バッテリー 5000mAh
防水・防塵 IP68
おサイフケータイ 対応

ココが良い

⭕ デザインが素敵!従来比で軽くなり持ちやすさも向上◎
⭕ 文字も見やすい大画面6.6インチ!直射日光下でも明るく見やすい!
⭕ リフレッシュレート1-240Hz可変駆動!なめらか表示体験OK
⭕ スナドラ8Gen2搭載!ゲーム性能向上で原神も快適!
⭕ ライカ監修レンズ×1インチセンサーが最高!撮るのが楽しくなるカメラ!
⭕ 14chスペクトルセンサー搭載!自然な色で撮れる!
⭕ 発熱耐性向上!カメラ利用時の強制終了がなくなった
⭕ ステレオスピーカー搭載(Dolby Atmos対応)!映画鑑賞にも最適!
⭕ バッテリー持ち素敵すぎる!1日は余裕で持つ安定感!
⭕ 画面内指紋認証が使いやすい!認証範囲が広くて失敗しない!
⭕ イヤホンジャック搭載&microSDカードにも対応している!
⭕ ワイヤレス充電も利用できる!ダイレクト給電にも対応
⭕ IP68防水防塵&おサイフケータイに対応している

ココが惜しい

❌ 重量は約203g!本体サイズも大きめで合う合わないがある
❌ ズーム性能が惜しい!望遠レンズが欲しいユーザーは注意
❌ microSDカードを出し入れしづらい!SIMトレイの耐久性も心配
❌ 強い光源があるとフレアやゴーストが出やすい(特に暗所)

AQUOS R8 proの口コミ・評判

女性

カメラは自然な色で撮れてるのが良いですね!(暗所・夜景も綺麗)ただ、私的には本体が大きく、重さが気になりました。手の小さい方は、事前に触れておくのが良いかもしれません!(椿さん)

ちえほん
AQUOS史上、最高のゲーム性能!カメラも強い一台ですッ!

第2位 AQUOS R8 | ハイエンドモデル

シャープ製のスタンダードハイエンド「AQUOS R8」。約6.39インチディスプレイ(有機EL)×リフレッシュレート1-240Hz、高性能な「Snapdragon 8 Gen 2」採用、ライカ監修の「HEKTOR」レンズ×1/1.55インチセンサー搭載です。

大容量の4,570mAhバッテリーやIP68防水防塵&耐衝撃、おサイフケータイ、イヤホンジャック、microSDカード対応などほしい仕様全部入りの一台です。

スペックを見る(タップで表示)

本体サイズ(縦×幅×厚さ) 約159×74×8.7mm
重量 約179g
ディスプレイ 約6.39インチ
Pro IGZO OLED
CPU(SoC) Snapdragon 8 Gen 2
メモリ(RAM) 8GB
内蔵ストレージ(ROM) 256GB
外部ストレージ microSDカード対応(最大1TBまで)
アウトカメラ デュアルカメラ
約5,030万画素(標準)
約1,300万画素(広角)
インカメラ シングルカメラ
約800万画素
バッテリー 4570mAh
防水・防塵 IP68
耐衝撃 対応
おサイフケータイ 対応
5G通信 対応(sub6)

ココが良い

⭕ シンプルなデザイン!ちょうど良いサイズ感で軽い◎
⭕ 見やすい大画面6.39インチ!直射日光下でも明るく見やすい!
⭕ スナドラ8Gen2搭載!原神などの重い3Dゲームも快適に楽しめる!
⭕ ライカカメラ社監修1/1.55インチセンサー搭載!自然な色で撮れる!
⭕ 独自の放熱設計!負荷がかかる場面以外での発熱は抑えられている
⭕ 安定感あるバッテリー持ちが最高!1日は安心して使える
⭕ 指紋・顔認証どちらにも対応!マスクしたまま認証もOK!
⭕ イヤホンジャック搭載&microSDカードにも対応している!
⭕ 貴重な耐衝撃対応ハイエンド!どんな環境でも安心して使える!
⭕ IP68防水防塵&おサイフケータイに対応している
⭕ 長く安心して使える!最大5年のセキュリティアップデート保証!

ココが惜しい

❌ カメラ性能が惜しい!暗所・動画撮影が物足りない
❌ カメラアプリの起動&モード切り替えが遅い
❌ ディスプレイベゼルが太い&水滴型ノッチが邪魔に感じる
❌ スピーカー出力時に背面の共振が気になる!(音量50%あたりから)
❌ ワイヤレス充電には非対応

AQUOS R8の口コミ・評判

女性

大画面で見やすいのに、本体は軽くて良いですね!ただ、私には若干横幅が太く、握りづらさを感じました。手の小さい方は事前に触れておくのが良いかもしれません!(椿さん)

ちえほん
シャープ製の手頃なハイエンドがほしいなら、コレ!

第3位 AQUOS R7 | ハイエンドモデル

2022年7月発売のハイエンドモデル「AQUOS R7」は、基本性能やカメラ性能に特化したシャープの最新フラグシップモデルです。

ディスプレイは約6.6インチのPro IGZO OLEDを採用。最大輝度2,000ニトで明るく、発色や色味も綺麗です。リフレッシュレートは最大120Hz(疑似240Hz)で滑らかな表示を楽しめます。

SoCはハイエンドの「Qualcomm Snapdragon 8 Gen 1」を搭載。メモリは12GB、内蔵ストレージは256GBです。

注目のカメラは、ライカ監修のレンズと1インチセンサーを採用し、スマホカメラとは思えないほど綺麗に撮影できます。前作よりもAF精度・スピードが大幅に向上し、最短撮影距離も短くなって使いやすくなりました。

5,000mAhの大容量バッテリー、音質が向上したステレオスピーカー、おサイフケータイ、IP68の防水・防塵にくわえて、新たにワイヤレス充電やeSIMなども対応した全部入りモデルです。

磨りガラス仕上げの背面パネルとメタル調のアルミフレームの組み合わせがカッコよく、高級感のある仕上がりになっています。

本体サイズは大きく重たいので、一度手にとってみることをオススメします。

機種名 AQUOS R7のスペック
本体カラー ・ブラック
・シルバー(ドコモはオンライン限定)
本体サイズ 高さ161mm×横幅77mm×厚さ9.3mm
重量 約208g
ディスプレイ 約6.6インチ WUXGA+(2,730×1,260)
Pro IGZO OLED 456ppi
リフレッシュレート最大120Hz(疑似240Hz)
OS Android 12
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 8 Gen 1
(2.9GHz+1.7GHzオクタコア)
メモリ(RAM) 12GB
内蔵ストレージ(ROM) 256GB
外部ストレージ microSDXCカード(最大2TB)
バッテリー 5,000mAh
充電端子 USB Type-C
ワイヤレス充電 対応
イヤホンジャック 対応
アウトカメラ 広角:約4,720万画素 19mm  F1.9
測距用センサー:約190万画素
インカメラ 1,260万画素 F2.3
防水・防塵 IP68
おサイフケータイ 対応
生体認証 指紋認証(3D超音波指紋センサー)、顔認証
SIMカード nanoSIM/eSIM
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth Bluetooth 5.2

ココが良い

⭕ 刷新されたデザインが素敵!背面磨りガラス最高!
⭕ 高精細な6.6インチディスプレイが魅力!直射日光下でも明るく見やすい!
⭕ リフレッシュレート最大120Hz(※疑似240Hz)!なめらか表示体験ができる
⭕ 安定した動作レスポンス!ゲームも快適に楽しめる!
⭕ Leica監修レンズ×1インチセンサーが素敵!雰囲気ある写真を手軽に撮れる!
⭕ 暗所・夜景撮影に強い!AF精度・スピード向上でピントも合う!
⭕ ステレオスピーカーの音が向上!従来モデルよりも良い!
⭕ 長持ちバッテリーが魅力!1日は安心して使える電池持ち!
⭕ 画面内指紋認証が使いやすい!認証範囲が広くて失敗しない!
⭕ IP68防水防塵&おサイフケータイに対応!
⭕ microSDカード対応&イヤホンジャック搭載!

ココが惜しい

❌ ズーム性能が残念!遠くを綺麗に撮りたい望遠が欲しい人は注意!
❌ microSDカードの出し入れがやりにくい!
❌ 本体は208g!重めなので人によって合う合わないがある
❌ フラットディスプレイになったことで持ちやすさはイマイチ

AQUOS R7の口コミ・評判

女性

背面の触り心地は凄いサラサラしていて、綺麗で好きです♪ただ、ちょっと重いので長時間操作するのは辛いです。写真はとても綺麗でした!(椿さん)

ちえほん
AQUOSの最強ハイエンドスマホが欲しいなら、コレ!

【コスパ重視】AQUOSのおすすめ人気機種ランキング【2024年2月】

続いては、AQUOSでコスパ重視の人におすすめの機種をご紹介します。

第1位 AQUOS sense8 | ミドルレンジモデル

シャープ製の最新ミドルレンジ「AQUOS sense8」。約6.1インチディスプレイ(有機EL)×可変リフレッシュレート1-90Hz対応、SoCに「Snapdragon 6 Gen 1」採用、メインカメラに1/1.55インチ大型センサー+光学式手ブレ補正(OIS)を搭載しています。

5,000mAhの大容量バッテリーや側面電源ボタン一体型指紋認証、マスク対応の顔認証、イヤホンジャック、microSDカード対応、おサイフケータイ、IP68防水防塵&耐衝撃まで備えた全部入りの一台です。

スペックを見る(タップで表示)

本体サイズ(縦×幅×厚さ) 約153×71×8.4mm
重量 約159g
ディスプレイ 約6.1インチ
IGZO OLEDディスプレイ
CPU(SoC) Snapdragon 6 Gen 1
メモリ(RAM) 6GB
内蔵ストレージ(ROM) 128GB
外部ストレージ microSDカード対応(最大1TBまで)
アウトカメラ デュアルカメラ
約5,030万画素(標準)
約800万画素(広角)
インカメラ シングルカメラ
約800万画素
バッテリー 5,000mAh
防水・防塵 IP68
耐衝撃 対応
おサイフケータイ 対応
5G通信 対応(sub6)

ココが良い

⭕ コンパクトなサイズ感と軽さが魅力!日常使いに最適◎
⭕ 文字も見やすい6.1インチ(有機EL)!直射日光下でも明るい!
⭕ リフレッシュレート1-90Hz可変駆動!なめらか表示体験OK
⭕ スナドラ6Gen1搭載!気になる本体発熱はなし!
⭕ 快適な動作レスポンス!ネット検索なども問題なし!
⭕ 1/1.55インチセンサー搭載!暗所もしっかり撮れる!
⭕ 指紋・顔認証どちらにも対応!マスク時でも快適に使える!
⭕ 側面電源ボタン一体型指紋認証を採用!使い勝手が大幅向上!
⭕ 圧倒的なバッテリー持ち!1日は余裕すぎる!
⭕ スマホ初心者にも最適!かんたんモード搭載!
⭕ イヤホンジャック搭載&microSDカードにも対応している!
⭕ IP68防水防塵+耐衝撃&おサイフケータイにも対応している
⭕ 長く安心して使える!最大5年のセキュリティアップデート保証!

ココが惜しい

❌ スピーカーの音のクリアさが物足りない!音に粗さを感じる
❌ 広角カメラの画質はイマイチ
❌ ワイヤレス充電には非対応
❌ 指紋認証は触るだけで反応するため誤動作しやすい!
❌ スピーカー出力時に背面の共振が気になる!(音量40%あたりから)

AQUOS sense8の口コミ・評判

女性

持ちやすいサイズ感で、軽さも良いですね!私的には動作も快適!スピーカーの音はイマイチ...!ただ防水防塵+耐衝撃に対応しているのは、魅力的ですね!(椿さん)

ちえほん
安くて、動作良し、長く使えるAQUOSのコスパ最強ミドル!

第2位 AQUOS sense7 | ミドルレンジモデル

2022年11月発売のミドルレンジモデル「AQUOS sense7」は、使いやすいサイズ感と軽さ、高品質なディスプレイと大きく進化したカメラが特徴の一台です。

ディスプレイは約6.1インチのIGZO OLEDを採用。スタンダードモデルでありながら、10億色の色表現と1,300ニトの最大輝度を誇ります。リフレッシュレートは従来モデル同様に最大60Hzとなります。

SoCはミドルレンジの「Snapdragon 695 5G」を搭載。メモリは6GB、内蔵ストレージは128GBです。

バッテリーは4,570mAhの大容量。消費電力の少ないIGZOディスプレイと相まって電池持ちは非常に良いです。

カメラ性能に力を入れており、5,030万画素の高画素カメラと1/1.55インチの大型センサーを搭載。これにより、暗い場所でも明るく鮮明な写真を撮影できます。ミドルレンジでもカメラ性能を重視したい人におすすめです。

IP68の防水・防塵、おサイフケータイ、イヤホンジャックに対応。新たにeSIMも使えるようになり、誰にでも安心しておすすめできるモデルとなっています。

機種名 AQUOS sense7のスペック
本体カラー ライトカッパー、ブルー、ブラック
本体サイズ 高さ152㎜×横幅70㎜×厚さ8.0㎜
重量 約158g
ディスプレイ 約6.1インチ FHD+(2,432×1,080)
IGZO OLED 436ppi
リフレッシュレート最大60Hz
OS Android 12
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 695 5G
(2.2GHz + 1.8GHz オクタコア)
メモリ(RAM) 6GB
内蔵ストレージ(ROM) 128GB
外部ストレージ microSDXCカード(最大1TB)
バッテリー 4,570mAh
充電端子 USB Type-C
ワイヤレス充電 非対応
イヤホンジャック 対応
アウトカメラ 広角:約5,030万画素 23mm F1.9
超広角:約800万画素 15mm F2.4
インカメラ 約800万画素 F2.0
防水・防塵 IP68
おサイフケータイ 対応
生体認証 指紋認証(側面)、顔認証
SIMカード nanoSIM/eSIM
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.1

ココが良い

⭕ デザインの質感が向上!高級感UP!
⭕ コンパクトなサイズ感と軽さが魅力!日常使いに最適◎
⭕ 明るく見やすい6.1インチ(有機EL)!画面も綺麗!
⭕ 十分快適な動作レスポンス!ネット検索なども問題なし!
⭕ 間違いなく歴代senseシリーズ最強のカメラ!進化しすぎ!
⭕ AF速度が従来のsenseシリーズから大幅改善!
⭕ 指紋・顔認証どちらにも対応!マスク時でも快適に使える!
⭕ イヤホンジャック搭載&microカードにも対応している!
⭕ 圧倒的なバッテリー持ち!1日は余裕すぎる!
⭕ IP68防水防塵+耐衝撃&おサイフケータイにも対応している

ココが惜しい

❌ 高リフレッシュレートに非対応!
❌ スピーカーの音のクリアさが物足りない!音に粗さを感じる
❌ 指紋認証センサーが電源ボタン一体型じゃないのが惜しい!
❌ 写真の処理とカメラの切り替えがワンテンポ遅い!
❌ 動画撮影は弱い!1080p/60fpsで手ブレ補正をオンにできない!

AQUOS sense7の口コミ・評判

女性

とても軽くて、サイズ感もちょうど良いですね!私的には動作も十分!防水防塵や耐衝撃にも対応しているのは安心だね!(椿さん)

ちえほん
これぞ国民機!コスパ良し、万人におすすめできる一台!

第3位 AQUOS wish3 | エントリーモデル

2023年8月発売のエントリーモデル「AQUOS wish3」は、手に取りやすいコンパクトなサイズと価格の安さが魅力の一台です。

約5.7インチディスプレイ(液晶)、CPUには「Dimensity 700」採用、1300万画素のシングルカメラ搭載しています。

低価格ながらIP67防水防塵やMIL規格準拠の耐衝撃、おサイフケータイまで備えており、初心者でも扱いやすい一台です。

機種名 AQUOS wish3のスペック
本体カラー ブラック
ホワイト
グリーン
ピンク
本体サイズ 約147mm×約70mm×約8.9mm
重量 約161g
ディスプレイ 約5.7インチ 720x1,520(HD+)
液晶
リフレッシュレート最大60Hz
OS Android 13
CPU(SoC) MediaTek Dimensity 700
メモリ(RAM) 4GB
内蔵ストレージ(ROM) 64GB
外部ストレージ microSDXCカード(最大1TB)
バッテリー 4,570mAh
充電端子 USB Type-C
ワイヤレス充電 非対応
イヤホンジャック 対応
アウトカメラ シングルカメラ
約1300万画素(標準)
インカメラ シングルカメラ
約500万画素
防水・防塵 IP67
おサイフケータイ 対応
生体認証 指紋認証(ドコモ版のみ)、顔認証
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.3

ココが良い

⭕ ちょうど良いサイズ感と軽量ボディが魅力!
⭕ 液晶ディスプレイ採用!画面の焼き付きが起こりにくい
⭕ 普段遣いで困らない動作!ネット検索など用途を絞れば問題ない
⭕ 意外と撮れる静止画!2倍ズームへのワンタップ切り替えも便利
⭕ 1日は安心して使える長持ちバッテリーが魅力
⭕ 指紋・顔認証どちらにも対応!(※ドコモ版)マスクしたまま認証も便利
⭕ 従来比でGoogleアシスタントボタンが廃止された!
⭕ かんたんモードやジュニアモードに対応!利用者に合わせた設定ができる
⭕ ジェスチャー操作にも対応!直感的な操作ができる
⭕ 「インテリジェントチャージ」機能に対応!充電劣化を抑えられる
⭕ IP67防水防塵+耐衝撃&おサイフケータイに対応!
⭕ microSDカード対応&イヤホンジャック搭載!
⭕ 最大2回のOSアップデート保証がある!

ココが惜しい

❌ 動画撮影は弱い!手ブレ補正がイマイチ
❌ 暗所・夜景撮影は物足りない!
❌ 直射日光下でディスプレイがやや見にくくなる
❌ 発熱耐性は弱め!負荷がかかると熱による制限が発生する
❌ 下部ベゼルが上部に比べ太い!
❌ ステレオスピーカーではなくモノラル採用

AQUOS wish3の口コミ・評判

女性

シンプルで飾らないデザインとサイズ感、軽さは良いですね!私的には、価格を抑えながらもIP67防水防塵・耐衝撃まで対応しているのが魅力的でした!♪(椿さん)

ちえほん
とにかく安いAQUOSスマホを探している人は、コレがおすすめです!

第4位 AQUOS sense6 / 6s | ミドルレンジモデル

2021年11月発売のミドルレンジモデル「AQUOS sense6」は、日常使いしやすいサイズや重量に大容量バッテリーを搭載したスタンダードな一台。基本性能を強化した兄弟モデル「AQUOS sense6s」も存在します。

ディスプレイは約6.1インチのIGZO OLEDを採用。リフレッシュレートは60Hzと標準的ではあるものの、発色の良さや明るさは必要十分です。

AQUOS sense6は、SoCにミドルレンジ向けの「Snapdragon 690 5G」を採用。一方でAQUOS sense6sは、SoCにミドルレンジ向けの「Snapdragon 695 5G」、スタンダードなモデルよりスペックが高くなっています。

カメラは広角、超広角、望遠のトリプルカメラを搭載。従来機種よりも高感度撮影に強くなり、白飛びや黒つぶれを抑えた自然な写りになりました。

バッテリー容量は4,570mAhの大容量を搭載。それでいて重量は約156gと軽く、扱いやすいサイズに収まっています。

IP68の防水・防塵、おサイフケータイ、イヤホンジャックにも対応しているので、高機能を求めなければ便利に使える一台です。

機種名 AQUOS sense6 / 6sのスペック
本体カラー ・ ライトカッパー
・シルバー
・ブラック
・ブルーメタリック(ドコモオンラインショップ限定)
本体サイズ 高さ152mm×横幅70mm×厚さ7.9mm
重量 約156g
ディスプレイ 約6.1インチ FHD+(2,432×1,080)
IGZO OLED 436ppi
リフレッシュレート最大60Hz
OS Android 12
CPU(SoC) ■sense6
Qualcomm Snapdragon 690 5G
(2.0GHz+1.7GHzオクタコア)
■sense6s
Qualcomm Snapdragon 695 5G
(2.2GHz+1.8GHz オクタコア)
メモリ(RAM) ■sense6
4GB / 6GB
■sense6s
6GB
内蔵ストレージ(ROM) ■sense6
64GB / 128GB
■sense6s
64GB
外部ストレージ microSDXCカード(最大1TB)
バッテリー 4,570mAh
充電端子 USB Type-C
ワイヤレス充電 非対応
イヤホンジャック 対応
アウトカメラ 広角:約4,800万画素 26mm F1.8
超広角:約800万画素 15mm F2.4
望遠:約800万画素 53mm F2.4
インカメラ 約800万画素 F2.0
防水・防塵 IP68
おサイフケータイ 対応
生体認証 指紋認証(ディスプレイ内蔵)、顔認証
SIMカード nanoSIM
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.1

ココが良い

⭕使いやすいデザインと軽さ(約156g)が魅力的
⭕普段遣いには十分な動作レスポンス!
⭕望遠レンズを含むトリプルカメラ搭載!夜景撮影が強化
⭕1日使える電池持ち!大容量4570mAhバッテリー!
⭕IP68防水防塵&耐衝撃に対応!
⭕おサイフケータイ対応&イヤホンジャック搭載

ココが惜しい

❌モノラルスピーカーが物足りない
❌レンズ切り替えが遅い&フォーカスが迷いやすい
❌ディスプレイが屋内利用時に暗くなりがち
❌従来モデルよりも価格が高くなっている

AQUOS sense6の口コミ・評判

女性

持ちやすく、握りやすいデザインが良いですね!あと、しっかりした防水防塵に対応しているので洗えるのも魅力でした♪(椿さん)

ちえほん
買いやすいコスパ抜群な一台です!

第5位 AQUOS wish2 | エントリーモデル

2022年6月発売のエントリーモデル「AQUOS wish2」は、手に取りやすいコンパクトなサイズと、2万円台で買える価格の安さが魅力の一台です。

ディスプレイは約5.7インチのTFT液晶を採用。解像度はHD+(1,520×720)、リフレッシュレートは最大60Hzとなっています。

SoCはミドルレンジの「Snapdragon 695 5G」を採用。メモリは4GB、内蔵ストレージは64GBと必要最低限です。旧モデルと比べてSoCが強化され、基本動作はサクサク動くようになりました。

カメラは約1,300万画素のシングルカメラを搭載しています。ミドルレンジモデルと比べると物足りなさを感じるかもしれません。

バッテリー容量は3,730mAhと少なめですが、ディスプレイの消費電力が少ないので数値以上にバッテリー持ちは良さそうです。

低価格モデルながら、IP67の防水・防塵、おサイフケータイ、イヤホンジャックを備えており、初心者でも扱いやすい一台です。

機種名 AQUOS wish2のスペック
本体カラー ホワイト、チャコール
ドコモ限定:ブルー、コーラル
ドコモ以外:オリーブグリーン、アイボリー
本体サイズ 高さ147mm×横幅71mm×厚さ8.9mm
重量 約162g
ディスプレイ 約5.7インチ HD+(1,520×720)
TFT 295ppi
リフレッシュレート最大60Hz
OS Android 12
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 695 5G
(2.2GHz+1.8GHz オクタコア)
メモリ(RAM) 4GB
内蔵ストレージ(ROM) 64GB
外部ストレージ microSDXCカード(最大1TB)
バッテリー 3,730mAh
充電端子 USB Type-C
ワイヤレス充電 非対応
イヤホンジャック 対応
アウトカメラ 広角:約1,300万画素 26mm F2.0
インカメラ 約800万画素 F2.0
防水・防塵 IP67
おサイフケータイ 対応
生体認証 指紋認証(側面)
SIMカード nanoSIM
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.1

ココが良い

⭕ 素朴なデザインと軽量ボディが魅力!(※重さは約162g)
⭕ スナドラ695搭載!従来比で動作スピードが向上している!
⭕ 意外と撮れる静止画!手動ナイトモードで暗所もいける!
⭕ 1日は安心して使えるバッテリー持ち!
⭕ 側面指紋認証を搭載!マスクしたままでも利用OK!
⭕ かんたんモード対応!スマホ初心者でも使いやすい!
⭕ IP67防水防塵+耐衝撃&おサイフケータイに対応!
⭕ microSDカード対応&イヤホンジャック搭載!

ココが惜しい

❌ 動画撮影は弱い!手ブレ補正がイマイチ
❌ 夜間モードなどを手動で切り替えないといけない
❌ 直射日光下でディスプレイがやや見にくくなる
❌ LED通知ランプがない!
❌ 下部ベゼルが上部に比べ太い!
❌ 指紋認証の位置が惜しい&電源ボタン一体型ではない

AQUOS wish2の口コミ・評判

女性

サイズ感と軽さはちょうど良いですね!私的には、低価格ながらIP67防水防塵・耐衝撃まで対応しているのが魅力的でした♪(椿さん)

ちえほん
とにかく安いAQUOSスマホを探している人は、コレがおすすめです!

第6位 AQUOS sense7 plus | ミドルレンジモデル

2022年9月発売のミドルレンジモデル「AQUOS sense7 plus」は、ソフトバンク限定販売の機種です。他のミドルレンジモデルよりも基本性能が高く、スピーカー性能が良いことが特徴です。

ディスプレイは約6.4インチのIGZO OLEDを採用。10億色の色表現や最大輝度1,300ニトの明るく見やすい画面を搭載しています。リフレッシュレートは最大120Hz(疑似240Hz)に対応し、より滑らかなスクロールを楽しめます。

SoCはミドルレンジの「Snapdragon 695 5G」を搭載。メモリは6GB、内蔵ストレージは128GBです。

バッテリーは5,050mAhの大容量で、シャープ公式が「1週間の電池持ち」を謳うほど長持ちします。

カメラは広角と超広角の2眼仕様。広角カメラはsense7と同じ1/1.55型の大型センサーを搭載しており、従来機種よりAF速度が2倍向上しました。

旧モデルと比べて望遠カメラが無くなった代わりに、高画素からクロップすることで望遠カメラとして機能します。

IP68の防水・防塵、おサイフケータイ、イヤホンジャックのほか、指紋認証や顔認証、eSIMにも対応した万能モデルです。

本体サイズややや大きめなので、一度手にとって確かめてみてください。

機種名 AQUOS sense7 plusのスペック
本体カラー ディープカッパー、シルバー、ブラック
本体サイズ 高さ160mm×横幅76mm×厚さ8.2mm
重量 約172g
ディスプレイ 約6.4インチ FHD+(2,340×1,080)
IGZO OLED 403ppi
リフレッシュレート最大120Hz(疑似240Hz)
OS Android 12
CPU(SoC) Qualcomm Snapdragon 695 5G
(2.2GHz+1.8GHz オクタコア)
メモリ(RAM) 6GB
内蔵ストレージ(ROM) 128GB
外部ストレージ microSDXCカード(最大1TB)
バッテリー 5,050mAh
充電端子 USB Type-C
ワイヤレス充電 非対応
イヤホンジャック 対応
アウトカメラ 広角:約5,030万画素 23㎜ F1.9
超広角:約800万画素 15㎜ 2.4
インカメラ 約800万画素 F2.0
防水・防塵 IP68
おサイフケータイ 対応
生体認証 指紋認証(側面)、顔認証
SIMカード nanoSIM/eSIM
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.1

ココが良い

⭕ 文字も見やすい大画面6.4インチ(有機EL)!画面も綺麗!
⭕ リフレッシュレート最大120Hz対応!なめらか表示体験が可能
⭕ 日常使いには十分すぎる動作レスポンス!ネット検索も快適!
⭕ 歴代senseシリーズの中では圧倒的に撮れるカメラが素敵!
⭕ オートフォーカス速度が従来senseシリーズから大幅改善!
⭕ イヤホンジャック搭載&microカードにも対応している!
⭕ 指紋・顔認証どちらにも対応!マスク時でも快適に使える!
⭕ 1日は問題なく使える安心のバッテリー持ち!
⭕ IP68防水防塵+耐衝撃&おサイフケータイにも対応している
⭕ 長く安心して使える!最大2回のOSアップデート保証付き!

ココが惜しい

❌ 指紋認証の位置がイマイチ!電源ボタン一体型ではないのも惜しい!
❌ スナドラ695搭載が惜しい!重い3Dゲームには不向き!
❌ 重い3Dゲーム時などの高負荷時は発熱しやすい!
❌ 動画撮影性能はイマイチ!手ブレしやすいので注意!

AQUOS sense7 plusの口コミ・評判

女性

大画面で文字が見やすくて良いですね。あと、防水防塵や耐衝撃にも対応しているのは魅力的ですね!(椿さん)

ちえほん
大画面かつステレオスピーカー搭載の低価格AQUOSスマホなら、コレ!!

AQUOSの選び方

AQUOSシリーズは、手に取りやすい価格帯のエントリーモデルから、コスパの良いミドルレンジモデル、高性能で快適に使えるハイエンドモデルが展開されています。

シリーズ名と特徴をまとめると以下の通りです。

シリーズ名 特徴
AQUOS wishシリーズ 最低限の動作・仕様で安いエントリーモデル
AQUOS senseシリーズ 低価格で使いやすいミドルレンジモデル
AQUOS zeroシリーズ 高性能で軽量化に特化したミドルハイモデル
AQUOS Rシリーズ 高性能でカメラ画質に特化したハイエンドモデル

エントリーモデルの「AQUOS Wsh」シリーズは、電話やメール、メッセージアプリなどのやり取りが中心の必要最低限しか使わない人に向いています。価格が安いぶん基本性能は低めです。

ミドルレンジの「AQUOS sense」シリーズは、ブラウザで調べものをしたり、SNSなどを楽しみたい方におすすめ。バッテリー持ちがいいことに加えて、防水・おサイフケータイなど必要な機能が揃っていて使いやすいと思います。

「AQUOS zero」シリーズは軽量化に特化したモデルで、大画面でも重量が150g未満と非常に軽量なことが特徴です。性能はsenseシリーズよりもやや高く、価格帯としてもハイエンドよりは安くなっています。

「AQUOS R」シリーズは、高性能やカメラ画質に特化したモデルです。重い3Dゲームを快適にプレイしたいなら、圧倒的にハイエンドモデルがおすすめです。

ここからは、 重視するポイントに合わせたおすすめを紹介していきます。

キャリアから選ぶ

AQUOSシリーズは、大手キャリアのほかに格安SIMとのセット販売、家電量販店、ECサイトなど様々な販路で取り扱っています。

販売事業者によってカラーやスペック、価格帯が異なる場合もあります。気になっている機種がどの販路で取り扱うのか事前にチェックしておきましょう。

スペック性能で選ぶ

AQUOSシリーズを快適に使うためには、自分が求める機能に合ったスペックのモデルを選ぶ必要があります。

快適に動作するスマホを見分けるには、搭載されている「SoC(System on a Chip)」「メモリ(RAM)」をチェックしてみましょう。

「SoC」はスマホの動作を担う重要なチップです。性能が高くなるほど動作が快適になる反面、価格も高くなってしまいます。自分が求める性能を理解した上で選ぶ必要があります。

「メモリ」はスマホを処理するための一時的な記憶領域です。メモリの量が多くなると一度にたくさんのデータを保管でき、アプリを複数同時に立ち上げてもフリーズしにくくなります。

参考までに、この後紹介するおすすめスマホのSoCとメモリ容量、基本動作・ゲーム動作の快適さを表にまとめました。

機種名 SoC メモリ 基本動作 ゲーム動作
AQUOS R7 Snapdragon 8 Gen 1 12GB 超快適 快適
AQUOS R6 Snapdragon 888 12GB 超快適 快適
AQUOS R5G Snapdragon 865 12GB 十分快適 十分快適
AQUOS sense7 Snapdragon 695 5G 6GB 快適 普通
AQUOS sense6 Snapdragon 690 5G 4GB やや快適 イマイチ
AQUOS sense6s Snapdragon 695 5G 6GB 快適 普通
AQUOS wish2 Snapdragon 695 5G 4GB やや快適 イマイチ
AQUOS sense7 plus Snapdragon 695 5G 6GB 快適 普通
AQUOS sense4 Snapdragon 720G 4GB 快適 イマイチ

ゲームを快適にプレイしたい人は、ハイエンドモデルのSnapdragon 800番台がおすすめ。重たい3Dグラフィックを多用したゲームでは、SoCの性能差が顕著に現れてきます。

基本動作が問題なければ十分という方は、ミドルレンジモデルのSnapdragon 600~700番台を選ぶといいでしょう。画質やフレームレートを落とすことでゲームも遊ぶことができます。

電話やメール、メッセージアプリのみに用途を絞って使う方は、エントリーモデルのSnapdragon 400番台でも問題ないと思います。

画面サイズから選ぶ

AQUOSシリーズは、様々なサイズ・重量の機種がラインナップされています。

現行モデルでは、エントリーモデルが5インチ台後半、ミドルレンジモデルが6インチ台前半、ハイエンドモデルが6インチ台後半と分かれています。

機種名 画面サイズ 本体サイズ 重量
AQUOS R7 約6.6インチ 高さ161mm×横幅77mm×厚さ9.3mm 約208g
AQUOS R6 約6.6インチ 高さ162mm×幅74mm×厚さ9.5mm 約207g
AQUOS R5G 約6.5インチ 高さ162mm×横幅75mm×厚さ8.9mm 約189g
AQUOS sense7 約6.1インチ 高さ160mm×横幅76mm×厚さ8.2mm 約172g
AQUOS sense6 / 6s 約6.1インチ 高さ152mm×横幅70mm×厚さ7.9mm 約156g
AQUOS wish2 約5.7インチ 高さ147mm×横幅71mm×厚さ8.9mm 約162g
AQUOS sense7 plus 約6.4インチ 高さ160mm×横幅76mm×厚さ8.2mm 約172g
AQUOS sense4 約5.8インチ 高さ148mm×横幅71mm×厚さ8.9mm 約177g

画面が大きければ動画視聴やゲームが快適に行えますが、本体サイズや重量が増えて片手で扱いにくくなります。日常で使いやすいサイズ感がいい人は、6インチ台前半までのモデルを選ぶといいでしょう。

AQUOSシリーズは大容量バッテリーを搭載しつつ、200gを切る軽量モデルも多く存在します。持ちやすさや重量のバランスなどは数値だけ見ても分かりにくいため、家電量販店などで手にとってチェックしてみてください。

欲しい機能・仕様から選ぶ

AQUOSシリーズは、モデルによって搭載される機能やカメラ性能が変わります。

エントリーモデルやミドルレンジモデルよりも、ハイエンドモデルのほうがより多機能で使いやすくなります。

付加機能で選ぶ

・防水・防塵
・おサイフケータイ
・イヤホンジャック
・外部ストレージ(microSDカード)
・急速充電
・ワイヤレス充電
・デュアルSIM・eSIM

独自機能で選ぶ

・スクロールオート
・Clip Now
・Payトリガー
・Bright Keep

現行モデルのAQUOSシリーズなら、国内での需要が高い「おサイフケータイ」「防水・防塵」にバッチリ対応しています。

おサイフケータイに対応していれば、交通系ICを登録して駅の改札を通過したり、日々の買い物に電子マネーを利用できます。

他社では省かれる事が多い「イヤホンジャック」「microSD」などに対応した機種も多く、シャープの独自機能「スクロールオート」「Clip Now」「Payトリガー」で選ぶ人も少なくありません。

価格から選ぶ

最後は価格から選ぶ方法。スペックに応じて価格も上がっていくため、どんな性能を求めているのか、予算はいくらまで出せるのかを明確にして選ぶ必要があります。

機種名 スペック 販売価格
※すべて発売当初の価格
AQUOS R7 ハイエンドモデル ・ドコモ:198,000円
・ソフトバンク:189,360円
AQUOS R6 ハイエンドモデル ・ドコモ:115,632円
・ソフトバンク:133,920円
・オープンマーケット:112,200円
AQUOS R5G ハイエンドモデル ・ドコモ:111,672円
・au:129,145円
・ソフトバンク:129,600円
・楽天モバイル:117,091円
AQUOS sense7 ミドルレンジモデル ・ドコモ:54,230円
・au:59,500円
・楽天モバイル:49,980円
・UQモバイル:59,500円
・オープンマーケット:54,450円
AQUOS sense6 ミドルレンジモデル ・ドコモ:31,724円
・楽天モバイル:30,980円
・オープンマーケット:40,700円
AQUOS sense6s ミドルレンジモデル ・au:33,055円
・楽天モバイル:33,700円
・J:COM MOBILE:39,600円
AQUOS wish2 エントリーモデル ・ドコモ:22,000円
・au:26,180円
・UQモバイル:26,180円
・ワイモバイル:26,640円
AQUOS sense7 plus ミドルレンジモデル ・ソフトバンク:69,840円
AQUOS sense4 ミドルレンジモデル ・ドコモ:37,224円(生産終了)
・オープンマーケット:35,900円

最上位なると、新品価格で約20万円弱と非常に高額になっています。

前モデルなら10万円台で購入できるので、最新スペックにこだわりがなければ中古などを狙うのもいいと思います。

ミドルレンジモデルなら、ハイエンドモデルの半額以下で買えます。

価格相応にスペックや一部機能が削られていますが、予算があまり出せない人はミドルレンジモデルを検討してみてください。

AQUOSのおすすめ人気機種ランキングと選び方まとめ!

本記事では、AQUOSのおすすめ人気機種ランキングと選び方をご紹介しました。

AQUOSシリーズは、ミドルレンジモデルのラインナップを中心に様々な販路で取り扱っています。

AQUOSシリーズの魅力は、高品質なディスプレイ、バッテリー持ちの良さ、カメラ画質の良さ、防水・防塵、おサイフケータイ対応など様々です。

どのスマホが自分に合っているか見つけるには、スマホの使い方を見直して求めるスペックや機能を知ることが大切です。

この記事を参考にして、ぜひ自分に合った機種を探してみて下さい。

\ この記事をシェアする /

  • この記事を書いた人

とくめい

沖縄在住の(自称)かわいい鹿。スマートフォンや格安SIMなどのガジェット、生活を豊かにする便利なモノ、LCCや高速バスを活用した激安旅行などに興味があります。国内メディアへの寄稿や個人ブログ「Creator Clip」にて好き勝手発信しています。


  1. おたん より:

    いつも動画を拝見しています!
    ちえほんさんの動画を見て、AQUOS sense4のレッドを購入しました!とても気に入っており、あと二年は使い続けたいと思うのですが、docomoのサポートが23年10月と、セキュリティ面で不安があります。本端末の最新OS android12は、25年10月まで使い続けるかどうか。ちえほんさんなら、使い続けられますか?

    • ちえほん より:

      コメントありがとうございます!!sense4良い機種ですよね...確かにそろそろ買い替え時期かもしれないですね...!僕なら良い機種があればそろそろ買い替えを検討すると思います!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

よく読まれている関連記事

-スマートフォン
-

© 2024 モバイルドットコム