アップル、「Apple Watch Series 3」のディスプレイストライプ問題を認める?

スポンサーリンク


アップルが、9月に発売を開始したApple Watch Series 3。いくつかの問題がすでに発覚していますが、またもやApple Watch Series 3に新たな問題が発生しています。「ディスプレイエッジストライプ」と呼ばれており、それはディスプレイ上にストライプのような模様が浮き上がるもののようです。

アップルでは、すでにこの「ディスプレイエッジストライプ」問題を認識しているようで認めているようです。小売店等にWatch Series 3のGPSユニットに関する問題について知らせているようです。この問題は、ディスプレイがオフのときに表示されます。Apple Watch Series 3のセルラーモデルに関しては、内蔵アンテナの配線が異なるためこの問題は発生しないようです。

念のため、確認後問題がある場合は、Appleの1年間のハードウェア保証に従ってデバイスを修理または交換をする必要があるようです。

ソース

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

▼今すぐ記事をシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

モバイル・ガジェットの最新情報をいち早く発信!「通信業界全般」「SIMフリースマートフォン」「Android」「iPhone」「格安SIM」を中心に様々なテーマを取り扱っています。「レビュー」「使用感」「初期設定」「お薦めフィルム・ケース」を中心にリアルな情報をお届けしています。新製品レビューも多数記載中!