Android(その他)

Android One S10 実機レビュー|使って感じたメリット・デメリットと評価!

更新日:

Android One S10 実機レビュー|使って感じたメリット・デメリットと評価!

Android One S10の実機レビュー!どうも、ちえほんです。TwitterYouTubeもやってます。

2023年1月19日に発売された京セラ製のエントリー5Gスマホ「Android One S10 (アンドロイドワンエステン)」。6.1インチディスプレイ(液晶)、CPUには「MediaTek Dimensity 700」採用、デュアルカメラ搭載です。

また、安心のIP68防水防塵&耐衝撃、泡ハンドソープで丸洗いOK、おサイフケータイ対応、2年間のOSアップデート保証付きモデルとなっています。

個人的なAndroid One S10の評価

企画から設計・開発・試験・製造・アフターサービスまで、全て国内で行っている"純国産"スマホ。今回はそんな「Android One S10」を購入して、実際に使って感じた良いところ、悪いところについて、すべて正直にお伝えしていきます。

▼YouTube動画でもAndroid One S10の実機レビューをしているので、合わせてチェックしてみてね!

YouTube video

個人的なAndroid One S10の評価は下記のとおりです!

満足度 ★★★☆☆
デザイン・外観 ★★★☆☆
携帯性 ★★★☆☆
基本動作(快適さ) ★★★☆☆
ゲーム性能 ★☆☆☆☆
画面表示&綺麗さ ★★★☆☆
バッテリー持ち ★★★☆☆
スピーカー ★★★☆☆
カメラ ★★☆☆☆

本記事では、Android One S10のデザイン、カメラの画質、スペック性能やゲーム・アプリ動作、指紋・顔認証の快適さ、バッテリー持ち、スピーカーの音質、使って感じたメリット・デメリット(良いところ、悪いところ)、口コミ・評判などを含め使用感レビューしつつ評価します。

Android One S10の外観・デザインをレビュー

Android One S10の外観・デザインをレビューしていきます。

Android One S10のパッケージデザイン

パッケージデザインは上記のとおり。中央に製品写真、左下に「android one」と刻まれています。

Android One S10の付属品

付属品は、本体とクイックスタートガイドのみ。充電器類や保護フィルム、ケースなどは付属していないため、必要な場合は事前に購入しておきましょう。

Android One S10の前面デザイン

ディスプレイサイズは約6.1インチ(液晶)、解像度は2400x1080(FHD+)。高精細ディスプレイとは言えないものの、日常使いには問題なく、屋外の直射日光下でも見やすさは十分でした。

ちなみに、リフレッシュレート60Hz駆動。ウェブ検索時などに、120Hz対応機のような滑らかなスクロール表示体験などを楽しみたい方は注意しましょう。

Android One S10のディスプレイはフラット、中央に水滴型ノッチを採用しています。

ベゼルは上部に比べ、下部が太いです。エントリー機によくある仕様なので、気になる方は実機を確認しておくのがおすすめです。

Android One S10の背面デザイン

背面デザインは、左上に「デュアルカメラ」、中央付近に「指紋認証センサー」、「京セラ」ロゴと文字、下部に「android one」と刻まれています。カメラの出っ張りは、SIMカード約1枚程度でした。

Android One S10のカラー

Android One S10のカラーは、ホワイト、ネイビー、ピンクの3色展開です。

今回レビューしているのは、「ホワイト」。背面にはプラ素材を採用、表面はサラサラとしたマット仕上げになっています。

背面はツルツルで滑りやすいので、ケースはあった方が良いです。ちなみに、ホコリや指紋が目立ちにくくなっています。

なお、前面・背面ともに抗菌・抗ウイルス仕様。泡ハンドソープやボディソープでの丸洗い、アルコール除菌シートなどにも対応しています。

右側面には、「Googleアシスタントボタン」、「電源ボタン」、「音量ボタン」

右側面には、「Googleアシスタントボタン」、「電源ボタン」、「音量ボタン」

左側面には、「SIMスロット」、「ストラップホール」

左側面には、「SIMスロット」、「ストラップホール」

下部側面には、「マイク」、「Type-Cコネクタ」

下部側面には、「マイク」、「Type-Cコネクタ」

SIMスロットの開閉に、SIMピンは不要。ちなみに、nanoSIM+eSIMのデュアルSIM仕様で、外部ストレージ「microSDカード」にも対応しています。

上部側面には、「何もなし」

上部側面には、「何もなし」

Android One S10は、ディスプレイ上部にモノラルスピーカーを搭載。音については、後述します。

Android One S10の本体サイズ(高さ×幅×厚さ)は約153mm×約69mm×約8.9mm、重さは約169g。6.1インチのiPhoneと一緒に並べるとサイズ感は、上記のようになります。

背面に、緩やかなラウンド加工を採用。持った時にフィット感があって、握りやすいです。大きすぎず、小さすぎないちょうど良いサイズ感で、使いやすい一台でした。

ちなみに、片手操作については"厳しい印象"。僕の手だとキーボード片手打ちは問題なく、上部にあるボタンなどは持ち替えが必須です。

このあたりは個人差もあると思うので、店頭にある実機などでサイズ感をチェックしつつ選んでいくのをおすすめします。

Android One S10のスペック性能をレビュー

Android One S10のスペック性能をレビュー

Android One S10のスペック性能を表にまとめつつ、ベンチマークを計測してレビューしていきます。

Android One S10のスペック表

Android One S10のスペック・性能以下にまとめてみました。(※参照:京セラ公式製品ページ

スペックを見る(タップで表示)

スペック Android One S10
メーカー 京セラ
型番 ワイモバイル:S10-KC
発売日 2023年1月19日
OS Android 13(初期OS)
CPU(SoC) Dimensity 700
RAM 4GB
ストレージ 64GB
外部ストレージ microSDカード対応(最大1TBまで)
本体サイズ 約153×69×8.9mm
重量 約169g
画面サイズ 約6.1インチ
ディスプレイ解像度 2400×1080(FHD+)
画面の種類 液晶
リフレッシュレート 60Hz
バッテリー 4,380mAh
背面カメラ デュアルカメラ
約1600万画素(広角)
約1600万画素(超広角)
前面カメラ シングルカメラ
約800万画素
防水/防塵 IP68
耐衝撃
ワンセグ/フルセグ ×
緊急速報
指紋認証
顔認証
おサイフケータイ
イヤホンジャック ×
ワイヤレス充電 ×
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.3
スピーカー モノラルスピーカー
充電端子 Type-C
カラー ピンク
ホワイト
ネイビー

Android One S10のベンチマークスコア

Android One S10のベンチマークスコアを検証しました。参考までにベンチマークテストの「Antutu Benchmark Lite」の測定結果を、下記に記載しておきます。

Android One S10のAntutu Benchmark Liteスコア(※3回連続計測)

Android One S10のAntutu Benchmark Liteスコア(※3回連続計測)

Dimensity 700搭載「Android One S10」のAntutu Benchmark Lite」スコアは「313141点(※検証時のMAXスコア)」。計測中、本体温度は最大32.5度でした。

動作性能を以下の5段階で評価

  • めっちゃ快適
  • 快適
  • 普通
  • もたつきを感じる
  • 動作が重い
Chrome 普通
Googleマップ 普通
Twitter もたつきを感じる
YouTube 普通

肝心の動作については、タッチ操作やスクロールなどの動作レスポンス、アプリの起動や切り替えなどを含め、ある程度は動くものの、重さを感じるシーンもありました。

一般的な電話、メール、ウェブ検索などは問題なし、TwitterなどのSNSやゲーム全般はカクつきや重さを感じました。

低価格のエントリーモデルのため、ゲームを中心に楽しみたい人は注意しましょう。

Android One S10で利用できる設定・便利機能

Android One S10で利用できる設定・便利機能

Android One S10で利用できるおすすめ設定・便利機能を以下にまとめました。(※機能を一部ピックアップしています。)

カメラをすばやく起動
システムナビゲーション ジェスチャーナビゲーション:○
3ボタンナビゲーション:○
スマートフォンを持ちあげて点灯
片手モード
バッテリーケアモード
グローブタッチモード
ポケットモード

Android One S10は、バッテリー劣化を抑えられる「バッテリーケアモード」や片手で操作しやすくできる「片手モード」機能などに対応しています。

Android One S10のゲーム・アプリ動作をチェック

Android One S10のゲーム・アプリ動作をチェック

Android One S10でゲームやアプリの動作を確認します。

以下の6段階で評価

  • めっちゃ快適
  • 快適
  • 普通
  • 動くがカクつき・重さを感じる
  • 重い
  • ガクガク

それでは、早速「Android One S10」を使い実際に試していきます。

Android One S10でモンストの動作チェック

Android One S10でモンストの動作チェック

Android One S10でモンストの動作チェックをしていきます。結果は、"普通"。

モンスターストライクは、比較的軽いゲームアプリです。一通り試しましたが、大きなカクつきもなく遊べました。

Android One S10でポケモンGOの動作チェック

Android One S10でポケモンGOの動作チェック

Android One S10でポケモンGOの動作チェックをしていきます。結果は、"重い"。

ポケモン出現時やアイテム回収、オンライン対戦なども含め、遊ぶこと自体は可能な印象。ただし、所々重さを感じたり、アプリが落ちたりするので、快適に遊びたい人には不向きでしょう。

ちなみに、GPS感度は問題ありませんでした。

Android One S10でPUBGモバイルの動作チェック

Android One S10でPUBGモバイルの動作チェック

Android One S10で、PUBGモバイルの動作を確認していきます。結果は、"動くがカクつき・重さを感じる"。

グラフィックは「HD」で「高」まで選択でき、「スムーズ」は「ウルトラ」まで選ぶことができます。

動作については、遊ぶこと自体は問題ない印象。チーム戦なども試しましたが、所々重さはあるものの遊ぶこと自体は可能でした。

このあたりは、どこまで求めるかを考えつつ選んでいきましょう。

ちなみに、デフォルト設定で30分遊ぶとバッテリーは約9%減、ゲーム終了後の本体温度は32度でした。

Android One S10で原神の動作チェック

Android One S10で原神の動作チェック

Android One S10で原神の動作チェックをしていきます。結果は、"ガクガク"。

デフォルトの画質は「最低」、フレームレートは「30」。動作については、かなり厳しい印象です。

最低画質でもガクガクになってしまうシーンが多く、技を重ねるとアプリ落ちなど、快適に遊ぶことはできませんでした。

原神で遊びたいユーザーは、別のモデルを検討しましょう。ちなみに、デフォルト設定で30分遊ぶとバッテリーは約11%減、ゲーム終了後の本体温度は38.8度でした。

Android One S10で使える通信キャリアをチェック

Android One S10で使える通信キャリアをチェック

Android One S10で使える通信キャリアをチェックしておきましょう。

機種名 Android One S10
対応バンド
※公式に公表されたものだけ記載
4Gバンド:B1/2/3/4/5/8/12/18/19/28/39/41/42
5Gバンド:n3/n28/n77/n78/n79

Android One S10は、国内キャリアで利用するためのバンドを幅広くカバーしています。ドコモの5G周波数「n79」に対応しているのは、地味に嬉しいポイントです。

なお、独自に検証した利用可能キャリアは下記のとおりとなっています。(※一部主要キャリアのみ記載、各社4G通信でのみ検証)

キャリア 利用可否
ドコモ 通話○
データ通信○
au 通話○
データ通信○
ソフトバンク 通話○
データ通信○
楽天モバイル 通話○
データ通信○
ahamo(アハモ) 通話○
データ通信○

基本的にはAPNの設定がプリインストールされているため、APN設定も不要で使い始めることが可能です。ahamoでも通話・通信ともに問題なく利用できました。

▼以下に国内主要キャリアのバンドをまとめておきました!

国内主要キャリアのバンドを見る(タップで表示)

バンド周波数帯 ドコモ au ソフトバンク/ワイモバイル 楽天モバイル
Band1
Band3
Band8
Band11
Band 18/26
Band19/26
Band21
Band28
Band41
Band42
5Gバンド周波数帯 ドコモ au ソフトバンク/ワイモバイル 楽天モバイル
n77(Sub6)
n78(Sub6)
n79(Sub6)
n257(ミリ波)

ドコモは、Band 1 / Band 3 / Band 19/26。山間部などで使うことがない場合は最悪、Band 19がなくても大丈夫です。auで使うなら、Band 1 / Band 18/26は抑えておきましょう。

ソフトバンクとワイモバイルで使うなら、Band 1 / Band 3 / Band 8の対応は必須。楽天モバイルで利用するなら、Band 3 / Band 18に対応しているモデルを選ぶのがおすすめです。

Android One S10のカメラをレビュー

Android One S10のカメラをレビュー

Android One S10のカメラをレビューしていきます。

カメラ性能は以下の5段階で評価

  • めっちゃ良い
  • 良い
  • 普通
  • あまり良くない
  • 悪い

カメラ性能の評価は、以下のとおりです。

静止画 あまり良くない
動画 悪い

それでは、カメラ仕様・作例などをより詳しくチェックしていきます。

Android One S10のカメラ・動画撮影性能をチェック

Android One S10は、デュアルカメラを搭載しています。

1600万画素 広角 / F値1.8
1600万画素 超広角 / F値2.2

アウトカメラには、1600万画素の広角レンズ(F値1.8)、1600万画素の超広角レンズ(F値2.2)を備えています。

インカメラの仕様は以下のとおり。

800万画素 標準 / F値1.8

インカメラは、800万画素の標準レンズ(F値1.8)のシングルカメラ仕様です。

アウトカメラの動画撮影性能は、以下にまとめました。

8K 撮影 非対応
4K 撮影 非対応
1080p撮影 30fps
スローモーション撮影 非対応

動画については、1080p/30fpsまで撮影可能。試してみましたが、"動きながらの撮影には弱い"です。

本体を安定させて撮るならそこそこ撮れるものの、動きながらの撮影だと手ブレしやすくイマイチ。動画撮影機として使いたいユーザーには不向きでしょう。

冒頭のレビュー動画内で実際に撮影したものを公開しているので、気になる方はチェックしてみてください。

Android One S10のカメラで撮影した作例

今回は、僕がAndroid One S10のカメラを魅力に感じた点を含め、作例を交えてご紹介していきます。

※タップして拡大出来ます。
日中

▼広角で撮影

広角は、明るめに撮れます。ただ、色味のバランスと解像感はイマイチです。

色味が不自然な感じになるのは、Dimensity採用機でよく見られます。

解像感の粗さについては、記録用程度であれば問題ないものの、思い出を鮮明に残したいなら注意が必要でしょう。

▼超広角で撮影

超広角を使えば、広範囲を一枚の写真に収めることができます。

光量がある場面であれば、こちらも明るく撮影可能。ただし、鮮明さに欠ける印象です。

▼最大4倍デジタルズームで撮影

デジタルズームは、最大4倍まで利用可能。最大倍率は流石に画質が粗く、おまけ程度と考えておきましょう。

その他

▼その他

夜景・暗所

▼広角で撮影

▼広角で撮影(ナイトモード)

暗所・夜景撮影については、"弱い"印象。光量が極端に足りない場面でのオート撮影では、解像感が粗く、ノイズも出ていました。

また、暗所だとピントが合いにくく写真がボケてしまったり、撮影後の処理に時間がかかるのも惜しいと感じました。

ナイトモードを使うことで、明るく撮影できるものの鮮明さは物足りません。このあたりは、あくまでエントリーモデルなので割り切りが必要です。

Android One S10のバッテリー持ちをチェック

Android One S10のバッテリー持ちをチェック

Android One S10のバッテリー性能を確認していきます。

バッテリー性能は以下の6段階で評価

  • めっちゃ良い (16時間で残量60%以上)
  • 良い (16時間で残量40%-59%)
  • 普通 (16時間で残量30%-39%)
  • あまり良くない (16時間で残量20%-29%)
  • 悪い (16時間で残量10%-19%)
  • とても悪い (16時間で残量0%-9%)

バッテリー持ちについては、"普通"です。

機内モードオンで、Wi-Fiのみオンにした状態でYouTubeを流し続け、1時間おきにバッテリー残量を計測するテストを行った結果は以下のとおりです。※テスト環境、条件により差が出る場合があるので注意してください。

バッテリー持ち検証

機種名 0時間経過 1時間経過 2時間経過 3時間経過
Android One S10 100% 95% 89% 83%
Galaxy A23 5G 100% 97% 93% 89%
Xperia Ace III 100% 96% 90% 84%

単純にYouTube動画を流すだけのテストでは、持ちは"普通"な印象。じっくり検証した結果は、以下のとおりです。

Android One S10の電池持ち検証(日常使い)

Android One S10の電池持ち検証(日常使い)

ネット検索やSNS、動画視聴、音楽鑑賞、ゲームなどを検証しつつ利用した結果、16時間後のバッテリー残量は36%。僕の使い方なら1日は問題なしで、2日目は厳しい印象でした。

もちろん利用環境や使い方によっても変わってきますが、電話やメール、ネット検索などを中心に使うライトユーザーの方であれば、少なくとも1日は問題ないでしょう。

Android One S10の指紋・顔認証をチェック

Android One S10の指紋・顔認証をチェック

Android One S10は、指紋認証・顔認証どちらにも対応しています。

Android One S10の指紋認証テスト

Android One S10の指紋認証テスト

早速、側面電源ボタン一体型指紋認証を試してみました。

精度良し、認証スピードも問題なく、ストレスなく利用できる印象です。ちなみに、画面オフのままでも指紋認証は利用できます。

Android One S10の顔認証テスト

Android One S10の顔認証テスト

次に、顔認証を試していきましょう。認証速度は遅め、精度は"普通"な印象です。(※メガネをかけたままでも認証OK)

顔認証は暗所だと失敗しやすいので、指紋認証メイン、顔認証をサブで組み合わせて利用していくのがおすすめです。

Android One S10のスピーカー(音質)をチェック

Android One S10のスピーカー(音質)をチェック

Android One S10は、モノラルスピーカーを搭載。早速、音質などを確認していきます。

スピーカー性能は以下の5段階で評価

  • めっちゃ良い
  • 良い
  • 普通
  • あまり良くない
  • 悪い

肝心の音については、"普通"な印象です。

▼Android One S10のモノラルスピーカーの音はこちら!

フリー音源 Song: Zero Venture - Point Of View (feat. Cadence XYZ) Link: https://youtu.be/EnarUjBnLXw Music promoted by FMW. Released by Mind Resurgence.

実際に様々な"音"をAndroid One S10から出して検証してみました。音自体は悪くないものの、圧倒的に音圧・音量が物足りない印象です。

モノラルスピーカーのため音の広がりや迫力も感じにくいので、高音質かつ臨場感あるサウンドを求めているユーザーには不向きです。

なお、イヤホンジャックは非搭載。普段から有線イヤホンを使っているユーザーは、変換アダプタなどを事前に準備しておきましょう。

Bluetoothコーデック ・SBC:○
・AAC:○
・aptX:○
・aptX HD: ○
・LDAC:○
・aptX Adaptive:×
※実際にワイヤレスイヤホンを使い検証(ーは未検証)

ちなみに、対応しているBluetoothコーデックは上記のとおりです。実機検証したところ、「aptX Adaptive」には非対応でした。

Android One S10のメリット(良いところ)

Android One S10のメリット(良いところ)

Android One S10を実際に使ってみて感じたメリットをチェックしていきます。

ココがメリット(良い点)

⭕ 純国産スマホ!企画から設計・開発など全て国内!
⭕ 馴染むデザイン!普段遣いしやすいサイズ感も◎
⭕ 液晶ディスプレイ採用で焼き付きの心配なし!
⭕ 直射日光下でも十分見やすい!
⭕ ゲーム以外の動作は問題なし!ネット検索も快適!
⭕ 指紋・顔認証に対応!シーンに合わせて使い分けれる!
⭕ ボディとディスプレイともに抗菌・抗ウイルスコート仕上げ!
⭕ 泡ハンドソープで丸洗いOK&除菌シートで拭いても良い!
⭕ 2年間のOSアップデート保証!長く使える!
⭕ microSDカード&急速充電に対応している!
⭕ 物理SIM+eSIMのデュアルSIM対応!
⭕ 耐衝撃対応!壊れにくい設計で安心!
⭕ IP68防水防塵やおサイフケータイに対応!

以上が、Android One S10を使って感じた良いところです。それではいくつかピックアップしてご紹介します。

ゲーム以外の動作は問題なし!ネット検索も快適!

ゲームが快適にできる機種を探しているユーザーには不向きですが、ゲーム以外はそこそこ動いてくれます。

もちろん、SNS時などで表示が遅れたり、重さやカクつきを感じるもののエントリーモデルとしては十分な印象です。

ちょっとした調べ物や出先での暇つぶしなどで、ネット検索を使う程度であれば困ることはないでしょう。

初めてのスマホとして、小さなお子さんやシニアユーザーにもおすすめしやすい一台となっています。

安心の仕様は全部入り!OSアップデート保証もある!

Android One S10は低価格ながらIP68防水防塵&耐衝撃に加え、泡ハンドソープで丸洗いOK&抗菌・抗ウイルス、おサイフケータイ、5G通信にも対応しています。

さらに、2年間のOSアップデート保証も付いているので、一度買えば長く使えるのもメリットです。

価格だけで考えれば、中華メーカーでもっと高性能でコスパに優れたモデルもあるでしょう。ですが、これだけの仕様・機能を全て備えたモデルで、純国産スマホはとても貴重です。

Android One S10のデメリット(悪いところ)

Android One S10のデメリット(悪いところ)

Android One S10を実際に使ってみて感じたデメリットをチェックしていきます。

ココがデメリット(悪い点)

❌ 背面&ボタン等の質感がチープ
❌ ベゼルやノッチが太めで目立つ!
❌ カメラ性能がイマイチ!AF速度と画像処理が課題
❌ 背面指紋認証は好みが分かれる!
❌ ゲームをしたいユーザーには非推奨!
❌ 顔認証がマスクしたまま認証に非対応

以上が、Android One S10を使って感じた悪いところです。それではいくつかピックアップしてご紹介します。

カメラ性能がイマイチ!AF速度と画像処理が課題!

写真を綺麗に、動画もたくさん撮って残しておきたい!というユーザーには、正直Android One S10をおすすめできません。

全体的にぼやっととした写真になりやすい印象。記録用程度あれば問題ありませんが、綺麗に思い出を残しておきたい人には不向きです。

また、暗所だとAF速度も遅く、ピントも合いにくく、画像の処理にも時間がかかるので注意が必要。このあたりは、価格相応と思っておきましょう。

ゲームをしたいユーザーには非推奨!

Android One S10はエントリーモデルながら、ネット検索などの基本動作は意外と快適でした。

一方、動作が重い3Dゲームを遊んでいると、スペック不足の影響なのかカクつきやアプリの強制終了が頻繁に起こります。

少なくともゲームを楽しみたいユーザーには、本機はおすすめできません。あくまで、ネット検索などを中心に使うライトユーザーにおすすめな一台です。

Android One S10の口コミ・評判をチェック

Android One S10の口コミ・評判をチェック

Android One S10の口コミ・評判を以下に集めてみました。

女性

横幅がちょうど良くて、使いやすいサイズ感でした!私的には安心のIP68防水防塵・耐衝撃に加え、泡ハンドソープで丸洗いできるのはとても素敵ですね♪(椿さん)

ちえほん
Android One S10の口コミコメントを大募集!もし良かったらコメント欄への投稿をお待ちしています。

Android One S10の評価まとめ

Android One S10の評価まとめ

低価格なスマホに"使いやすいサイズ感"と"日常使いに支障のない動作"、"安心の日本製"を求めている方には、間違いなくAndroid One S10がおすすめです。

個人的なAndroid One S10の評価は下記のとおりです!

満足度 ★★★☆☆
デザイン・外観 ★★★☆☆
携帯性 ★★★☆☆
基本動作(快適さ) ★★★☆☆
ゲーム性能 ★☆☆☆☆
画面表示&綺麗さ ★★★☆☆
バッテリー持ち ★★★☆☆
スピーカー ★★★☆☆
カメラ ★★☆☆☆

Android One S10は、使いしやすいサイズ感、普段遣いなら問題ない動作、安心の仕様が魅力的な一台でした。

IP68防水防塵や耐衝撃仕様に加え、2年間のOSアップデート保証、バッテリー劣化を抑える機能などにも対応。低価格ながら、一度買えば長く使えるのが素敵です。

一方で、カメラ性能は物足りない印象。思い出を綺麗に残したいユーザーには不向きです。ただ、記録用程度なら問題なく、このあたりは用途次第でしょう。

とはいえ、低価格エントリーモデルながら安心の日本製。さらに、防水防塵・耐衝撃などの全部入り仕様なのはとても魅力的でした。

ガラケーからの乗り換えや、初めてのスマホとして幅広い層にオススメできる一台となっています。

もちろん、自分が求めている仕様は何かを考えつつ、自分に合ったスマホを選んでいくことが大事です。その際に、ぜひAndroid One S10も一度チェックしてみてください!

ちえほん
質問等ありましたら、是非コメントお待ちしております。

Android One S10の価格とお得に買う方法

Android One S10の価格とお得に買う方法

Android One S10の販売価格は以下のとおりです。

価格 お得なキャンペーン&割引・施策情報
ワイモバイル 36,000円

Android One S10の本体価格は、上記のとおり。安く買うなら、ワイモバイルの割引キャンペーンを活用していくのがおすすめです。

どうせ買うなら、利用できるものはフル活用しつつ安く購入していきましょう。ぜひ、一度チェックしてみてください!

\ この記事をシェアする /

  • この記事を書いた人

ちえほん

元携帯電話販売スタッフで、現在はスマホ専門ブログとYouTube(登録者数10万人)を運営中。当サイトのコンテンツは、すべてちえほんが校正・監修しています。また、国内メディアへの寄稿やYahoo!ニュースエキスパートクリエイターとしても活動中です。


コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

よく読まれている関連記事

-Android(その他)

© 2024 モバイルドットコム